一般的な社会人が住む常識的な世界から
全く別の世界に強制移住させられた話


 

様々な問題を抱えていたにせよ私は世間一般の
常識的で普通の人生を歩んでいくつもりでした。
このような世界に生きていたのですから。

しかし52年前の或る時
全く異なった世界へと瞬間移動させられました。
このような出来事によって、………。

その後いろいろな体験を経て、今現在の私は
既に申し上げたような状況下で毎日を過ごしています。

ともあれ、

起きてしまった出来事を変える手段などあるはずがありません。
今の自分が置かれた環境の下で精一杯の努力を続ける他はない
と思っています。

そういう風に心を決めて現在までの人生を振り返る時、
浮かんでくるのは

自分はなんて恵まれているんだ!

という感慨です。
 

考えてみて下さい。

この記事を読んで下さっている方々なら
次のようなキーワードでインターネット上の情報を検索なさった事があるかもしれないと思うのですが、………

生活保護 ホームレス 事件
………
生活保護 門前払い 事件
………
自殺 現場
………
精神異常 両親の対応 事件

これらのキーワードによる検索結果によって表示される数多くの情報の中の最悪の状況に於ける当事者に私がなっていても決して不思議ではなかったのですから。
 

いずれにせよ、先の事を心配してもしょうがありません。
まずは孤独死などといった事態に陥ってしまわないよう最低限の努力を続けながら
そこから上のステージにあるはずの可能性を信じて頑張る他はないと思っています。

「このブログについて」の目次に戻る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です